除毛クリーム処理赤く腫れあがる。出血

 

除毛クリームでデリケートゾーンやワキ、腕などを処理すると、どうしても少し赤く肌が変色することがあります
ただ変色すると言っても毛穴の部分が若干赤くなる程度で肌ダメージというレベルではないとも言えます。

 

あとカミソリのように間違って切ってしまい出血という危険性も性質上ないと言えます。

 

ですので少なくとも自分でカミソリで処理したり、脱毛器、除毛器などで処理をするよりもダメージは少ないかな?
と言ったのが私の感想です。

 

脱毛器、除毛器もピンキリなところもありますが、やはりキレイに肌を処理したいときや深く毛の処理を望んでいるときには少し不向きといった印象です。

 

 

毛の処理をするときは現実的にはどんな場合でも若干は「チクッ」と痛みがしますが、まだクリームの場合は念入りに肌を柔らかくして夜お風呂に入った後あまり時間を空けずに処理をすれば思った以上に綺麗に痛みもほとんどなく済むように感じます。

 

 

あとは剃る直前は3分ほどは蒸しタオルで念のため患部に当てておいたほうが良いですね。
工夫次第で毛の処理も剃れる深さも大分変ってきます。

 

 

除毛クリームは剃れる工程が器具とは違う

 

 

そもそも除毛クリームの場合は毛の処理の構造がカミソリや除毛器とは違う部分が大きいです。
除毛クリームの場合は基本的には肌に成分を流し込んで「毛を溶かす」ような作用のものが多いです。

 

 

一般的にはアルカリ系の成分が多いと言われていますが、これは毛を処理する上で毛の構造になっている「タンパク質分解」をすることが目的と言われています
。なので、毛の処理を行う上ではカミソリや器具を使うよりも安全といえば安全性は高いと言えます。

 

 

特に毛が出来る部分は「肌が弱いからそこに毛を生やす仕組みで人間の構造ができている」と言われているので、あまり器用でない人は除毛クリームで毛の処理をしたほうが安全と言えます。

 

 

ただ一つ気をつけてほしいことが「成分が肌に合うかどうか」だけは多少気をつけたほうが良いです。

 

 

ヘアリデューシングクリームの場合はその点「肌に合わず、使ったら赤く肌が腫れ上がった!」という口コミはありませんでしたが、どんな場合でもパッチテストは必要だと言えます。あと除毛クリームは一般的にはデリケートゾーンには使用不可ですが、ヘアリデューシングクリームの場合は全身可能なのでそれもポイントの一つです。

 

 

除毛器と除毛クリームのどちらを選べば肌は傷つきにくいのか?

 

使いやすさ商品によって異なるためにピンポイントでは比較しにくいです。

 

 

しかし、一般的には除毛クリームのほうが「肌を傷つけにくく、赤みや出血が出にくい」とされています。

 

薄着になる機会が多い人はいろんな面を考慮して商品選びをされたほうが良いですね。

 

>>生活の中で体毛を薄くする習慣はないの?

トップへ戻る