ムダ毛 キレイに剃る

ムダ毛をキレイに剃る

ムダ毛を綺麗に剃れる正しいやり方とはどのような方法なのかを書いてみました。
基本的なムダ毛の剃り方なので、上手くムダ毛が剃れないという人はこれを応用して綺麗に剃るやり方を確かめてみてください。

 

 

まず基本的な剃り方としては毛を蒸す、ダメージをなるべく残さないようにする、肌細胞が傷つかないように剃っていく意識が大事だと言えます。
そうしないと、ムダ毛処理をしても1日だけなら良いと思いますが、1ヶ月に数回は最低でも剃ると思います。

 

 

剃る箇所によりますし生えるスピードも部位によって違いはあり、年齢や体質によっても全然変わっていきます。
なので、大前提は「綺麗に剃れて、肌ダメージを残さない意識」が必要になります。

 

 

ムダ毛を剃る順番

 

お風呂に入る
剃る箇所に蒸しタオルを当てる
シェービング
ローションや美容液で保護する
  

 

 

簡単に説明すると上記のようにムダ毛を剃る上での過程はなります。

 

内容としてはまず

@お風呂に入るに関してですが、これは肌全体を柔らかい状態にしておくことです。
毛根細胞は肌の奥から生えていますので毛と肌細胞の間を柔らかくするような意味がありますね。

 

A剃る箇所に蒸しタオルを当てるに関しては、より「毛を深く剃りきれるようにするため」と「毛を処理する中での摩擦ダメージを軽減」させる意味です。男性でもヒゲを剃るときも同じですが、いきなり電気シェーバーやカミソリを入れてそれば間違いなく血が出るはずです。暖かいぬるま湯を使用することで真水と比べると柔らかくなるスピードは速いですし、毛も太くなりやすく剃りやすくなります。肌は下準備として出来る限り柔らかくする意識が必要になってきます。

 

Bシェービングに関してですが石鹸を泡立ておこなう人もいますが、肌質によると感じます。洗浄力が強い成分を含んでいるので肌荒れしやすい人は避けたほうが良いと感じますが、私はそこまでどちらでも気にしなくて良いと思います。ただベストはショーピングクリームです。

 

Cローションや美容液で保護するに関しては肌質合わせて刺激性が強いローションは避けた方が良いです。主な目的は毛の処理をした後に傷ついた肌の保護。剃った後は肌も乾燥しやすくなっているので保湿をして肌をキッチリ守る状態を作り上げてください。

 

 

自分でキレイに剃るのは不安

 

 

上記は主にカミソリの1枚刃、3枚刃、5枚刃などを使用した場合の剃り方で必要な下準備です。
時間的にもキッチリやるとなると全部で20分から30分くらい時間がかかる計算です。

 

なので、面倒な部分は多いです。

 

もし剃った際の肌ダメージが気になる人は”ヘアリデューシングクリーム”のご使用をお勧めします。ヘアリデューシングクリームの効果は毛の処理を非常に頻繁に行うトルコの地で発祥した除毛クリームです。

 

女性の間ではかなり人気の除毛クリームですので、興味のある人は本サイトでも色々情報を載せていますのでご覧ください。

 

>>ヘアーリデューシングクリームの評判
>>脱毛エステサロンで脱毛処理についての基本ある?